会社売却ナレッジ これがスマートなM&Aの進め方 » この悩みにも実は会社売却・事業売却が有効 » 売りたいサイトがある

売りたいサイトがある

いまやビジネスにおいてインターネットを利用するのは当たり前。ですがビジネスの幅を広げる中で、「使わなくなったWebサイトを売りたい、手放したい」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。Webサイトの売買に関する情報をまとめてご紹介します。

Webサイトは売れるのか?

Webサイトを売りたいイメージ

結論ファーストで述べると、収益力の弱いWebサイトでも売却は可能です。

いまは企業のホームページも事業価値や資産価値として認知されている時代。収益を得るために制作されたWebサイトであれば、どのようなサイトでも売買交渉のテーブルに載せることができます。

Webサイトの相場は?

残念ながら、売却価格は一律ではありません。売り手と買い手が相談し、意思決定のしやすい金額で売却されるのが一般的です。

買い手によって価格判断のベースが異なり、ページビュー数を元にするケースもあれば、「会員数×〇円」で算出することも。

とはいえサイト売買市場は2005年以降に急成長(※)をとげ、それと同時にサイト売買を仲介するビジネスも増加したため、相場が生まれています。

それは、サイトから得られる売上額の1年から1年半分。月に10万円の売上があるサイトなら、120~180万円がサイト売却額の相場といえます。

矢野経済研究所ICT・金融ユニット「急成長するサイト売買市場」

そもそも売上が上がらないサイトでも売れるのか?

売上が芳しくないサイトでも、売却できるケースはもちろんあります。

例えば、「新規で制作するより、他社のサイトを買ったほうが安い」と買い手が判断し、購入を決めるケース。ECサイトなどは、同様のシステムのサイトが見つかれば”中古サイト”を買い付けてアレンジを加えれば、イニシャルコストを軽減できます。

ゼロベースでWebサイトを新規制作するよりも、合理的だと考える買い手も多い様子。「売上がないから」と諦めずに、売却を検討してみましょう。

売れるサイトってどんなもの?

「ECサイト」や「会員サイト」など、売上に直結するものは、売れるサイトの典型例。購入カートなど必要最低限の機能が備わっており、サイト売買後にシステム上の大きな変更を加える必要がないため人気があるといわれます。

このほかにも、「ポータルサイト」や「ニュースメディア」、増加傾向にある「まとめサイト」、さらには「ブログ」なども、買い手に収益性があると判断されれば売買は成立します。

Webサイトを売却するビジネスとは

Webサイトを売却できるサービスを探すイメージ

Webサイトの売却は、それを専門とする仲介会社が存在します。このようなサービスを「サイトM&A」または「サイト売買サイト」といいます。

収益性が見込めるWebサイトであれば、業種・業界など関係なく、どのようなサイトでも売却相談が可能。

売却したいサイトの希望価格や平均月間PV数、平均月間売上、会員数、サイト概要などの情報を、サイトM&A会社のサイトに掲載し、買い手を探すというビジネスモデル。イメージとしては、不動産物件の紹介とニアリー。

買い手がサイト上で買収したい案件に申し込み、売り手との条件がマッチすれば売買成立です。ドメインの移管や、サーバーの名義変更などをして譲渡を実行します。

サイトM&Aは不動産とは違い、資格を取得せずに始められる事業のため、仲介する業者の実力が売買成功のカギを握ります。これまでの実績、仲介サポート体制、運営者の経歴などもサイトM&A会社選びの参考になるでしょう。

中小企業におすすめ 着手金0円のM&A仲介会社
  • インテグループ
    経営・販路の拡大

    さらなる企業の発展を
    目指すM&A

    最低報酬
    500万円(税別)

    まずは無料相談

  • 東京再生M&Aセンター
    借金可・赤字も補填

    資金繰りのループから
    脱却するM&A

    最低報酬
    30万円(税別)

    まずは無料相談

[PR]
後継者問題を解決するM&Aアドバイザリー企業を紹介