会社売却ナレッジ これがスマートなM&Aの進め方 » この悩みにも実は会社売却・事業売却が有効

この悩みにも実は会社売却・事業売却が有効

事業の立て直しに有効な手段として、会社売却や事業売却もひとつの手法ですが、それ以外の課題でも会社売却・事業売却が効果を発揮することがあります。最近問題化している「跡継ぎの問題」も、そのひとつでしょう。

このような経営上の悩みを打開する施策について、いくつか紹介します。

売りたいサイトがある

ECサイトや会員制サイトなどインターネットを活用した事業を営んでいる方には、自社が運営するWebサイトを「売りに出したい」と思っている方も多いのではないでしょうか。

例えば、「複数のサイトを集約化して、不要なサイトは売却したい」「実店舗の売り上げが好調だから、ECサイトは不要になった」といったケースもあるでしょう。

こうしたニーズに対して、最近は「サイト売買(サイトM&A)」というサービスが人気を得ています。

具体的に、自社が運営するWebサイトをどうやって売るのでしょうか。サイトM&Aの注意点や、おすすめのサイトM&Aサービスについてまとめました。

売りたいサイトの売却方法・相場をチェック

跡継ぎがいない

一般的に、事業継承の方法には大きく2つあります。ひとつが「親族継承」。経営者の子どもなど親族が跡を継ぐ手法です。もうひとつが、「役員継承」。副社長や専務など、経営者と一緒に事業展開を進めてきた人に跡を継がせる手法です。

中小企業では、このどちらかが主流ですが、いずれも跡継ぎがいなれば廃業の道しかありません。

こうしたなか、後継者不足の打開策として注目を集めているのが「M&Aによる事業継承」。第三者に株式を譲渡するなど、他人に事業を引き継がせるという方法です。

見ず知らずの他人に事業を渡すのに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、自分の資産だけでなく、自社の廃業が日本経済の未来にも影響することを考えると、M&Aも有効な手段ではないでしょうか。

これら3つの事業継承の対処法について、詳しく説明しましょう。

跡継ぎがいない会社の対処法を詳しく

中小企業におすすめ 着手金0円のM&A仲介会社
  • インテグループ
    経営・販路の拡大

    さらなる企業の発展を
    目指すM&A

    最低報酬
    500万円(税別)

    まずは無料相談

  • 東京再生M&Aセンター
    借金可・赤字も補填

    資金繰りのループから
    脱却するM&A

    最低報酬
    30万円(税別)

    まずは無料相談