会社売却ナレッジ これがスマートなM&Aの進め方 » 中小企業のための会社売却・事業売却Q&A » 会社売却を行う経営者が増えている理由とは? » 会社が赤字で倒産する前に考えたい会社売却とは?

会社が赤字で倒産する前に考えたい会社売却とは?

赤字でも会社売却できる理由

会社売却とは、自社の企業価値を評価する他の企業に、事業を譲渡することを指します。

たとえ赤字であっても、赤字の原因が明確で回復の見込みがある場合、もしくは技術やノウハウ、専門的な人材、優良な取引先などを有していれば、将来的な黒字化は可能と判断され、高値で売却されることがあるのです。

赤字企業でも会社売却ができる例

赤字企業の場合、会社の売却を行おうとしても買い手がつかないのでは…と考え、会社売却ではなく廃業の道を選んでしまうケースもあります。

しかし、ケースによっては買い手企業が見つかり、会社売却を行えることもあります。そこで、赤字企業でも会社売却ができるケースをご紹介します。

売却事例1:買い手企業が求める人材やスキル、ノウハウを持っている場合

例えばある企業が新規事業に乗り出す際に、0から立ち上げるのではなく、関連技術や経験のある社員を事業ごとM&Aで獲得するケースです。

売り手企業に専門的なスキルを持つ優秀な社員が在籍していたり、長い時間をかけて培われ、受け継がれてきた特殊な技術・ノウハウ・特許を有していると判断できれば、その技術を持つ社員が引き続き会社に残ることを条件に、赤字であっても買収されることがあります。

売却事例2:買い手企業にメリットとなる取引先との繋がりが強い場合

事業拡大において新規顧客の開拓は必要不可欠ですが、買い手企業自身で新たな市場を開拓することは容易ではありません。そこで、新規顧客獲得を目的としたM&Aのケースがあります。

大きな企業や特定の分野で大きなシェアを持つ企業と古くから強いつながりを持っている会社が事業の売却を検討している場合、そのつながりを手に入れるために赤字企業であったとしても買収が成立するのは珍しいことではありません。

売却事例3:決算書上は赤字だが、実質営業利益が黒字の場合

決算書上では赤字でも、買い手側は売り手側が提出した決算書をそのまま判断するわけではありません。

買い手側は、事前に赤字原因の精査を行ないます。その際に「経営者の役員報酬が利益を圧迫している」「計算された投資による一時的な赤字」「節税のために敢えて利益を圧縮している」といったことが発覚したります。このような場合、実質的には黒字であることも多く、十分に買い手がつく可能性があるといえます。

赤字企業におすすめの着手金0円のM&A仲介会社

赤字状態の企業がM&A仲介会社を利用するのであれば、その費用はできるだけ安く抑えられるに越したことはありません。そこで、着手金0円で依頼できるM&A仲介会社を3タイプにわけてご紹介します。

東京再生M&Aセンター

着手金 最低報酬
0円 30万
赤字企業のM&Aにも積極的に対応

東京再生M&Aセンターはグループ企業の経営により、専門性の高い医療業界や人材育成、サービス業など幅広い業界にネットワークを拡大してきました。多岐にわたるジャンルでの経営相談顧客を約20年間で約3,000社抱えるため、譲渡企業に適したM&Aマッチングを提案するノウハウがあります。仲介手数料もリーズナブルに設定されており、資金に困った企業がM&A相談を持ち掛ける窓口としておすすめです。

M&A事例
クリニックの専門性が高額売却に繋がる

高額医療機器の導入により、資金繰りが悪化したクリニックがM&Aを実施。 医療技術の高さを売りに売却し、クリニックの弱点であった経営面の強化が見込める企業とマッチング。 M&A後は、集客やスタッフ人材育成等の体制強化が行われ、院長の経営負担が減ったことでより医療に専念できるように。 結果、医療サービスの向上や治療メニューの拡大が可能となりました。

M&A事例
債務超過したスクールの事業譲渡に成功

オーナーの自己資金を元に、東京都内に複数展開していたまつ毛エクステのスクールが経営難となりM&Aを実施。 集客効果を見込んで好立地へ出店していたことが経営を圧迫し、債務超過していました。 不動産含めて事業譲渡することで、オーナーは完全にスクールから手を放し、売却益を返済にあてることができました。

M&Aの相談窓口をチェック

インテグループ

着手金 最低報酬
0円 500万
M&Aによる中小企業の更なる発展を後押し

M&Aの実務経験が20年を超えている社員がほとんどという、エキスパート集団。 大企業・中小企業を問わず、数多くの国内企業とのコンタクトを有しており、利用者のニーズに合った相手企業を提案してくれます。また、独立系企業による紹介によって、しがらみのない公平なマッチングができるのも、インテグループの強みです。

M&A事例
洋食レストランチェーンの事業譲渡

関東圏に複数店舗を運営する洋食レストランチェーンのM&A。一定の売上は上がっていたものの、新規出店の際の投資効果が思うように得られず資金難に陥り、事業譲渡を選択。同業の候補先の中から、居酒屋の運営から新たな業態への進出を検討していた企業とのM&Aを成立させ、事業の譲渡・再建を実現。

M&A事例
プラスチック部門の株式譲渡

大手顧客との取引を中心に経営を行なってきたが、先代社長時代の借入が負担となって業績が悪化。さらに後継者不在の問題もあり、事業譲渡を決断。候補先選定の結果、同じプラスチック部門のメーカーが事業拡大を検討しており、債権者とも交渉を行なった上で、民事再生を申し立てる前提での株式譲渡で合意。

M&Aの相談窓口をチェック

赤字企業が会社売却をするメリット

会社の赤字が続いている場合、倒産の選択を考えなくてはならないことがあります。しかしその前に、会社の売却を検討してみてはいかがでしょうか。会社を売却すると、売却した利益を得られる他にも下記のようなメリットがあります。

従業員の雇用を守れる

これまで手塩にかけて育て、ともに働いてきた従業員も、倒産を選んだ場合には職を失います。

しかし会社を売却できれば、従業員の雇用は買い手企業に引き継がれるため、従業員の生活を守ることができます。

技術やノウハウを途絶えさせずに済む

企業の倒産に伴い、貴重な技術やノウハウが継承されないというのは大きな損失です。

しかし会社を売却すれば、長い時間をかけて培ってきた技術・ノウハウは買い手企業に引き継がれるため、途絶えさせずに済みます。

取引先など外部への影響を最小限にできる

会社が倒産してしまうと、外部への影響も大きいものです。

長い間築いてきた関係はそこで途絶えてしまいますし、取引先に多大なダメージを与えてしまうこともあり、場合によっては違約金が発生する可能性もあります。

しかし、会社を売却した場合には取引先との関係も継続され、影響を最小限に抑えられます。

赤字企業を売却する方法

赤字企業を売却したいと考える際、方法としては「株式譲渡」と「事業譲渡」の2種類が考えられます。

株式譲渡を用いる場合

「株式譲渡」とは、自社の株式を譲渡することで経営権を移転する方法です。

特別決議や債権者保護等の手続きが不要ですし、会社の経営権を丸ごと移転するため、従業員の雇用契約や再建債務等の契約なども自動的に引き継がれることから、中小企業では良く用いられる方法です。

事業譲渡を用いる場合

「事業譲渡」は、一部の事業に関する権利と事業のみ承継する方法。赤字企業が事業譲渡で会社の売却を行う場合、売り手企業と買い手企業双方にメリットがあります。

売り手企業にとっては主要部門のみ分離して売却が行えることがメリットとなります。複数の事業がある場合、利益を出せる事業を切り離して売却を行うことも可能です。また、買い手企業にとっても、事業譲渡の場合は買収したい部分を指定できるため、簿外債務などを承継するリスクがないという利点があります。

赤字企業が会社売却を成功させるポイント

赤字の企業を売買する場合、買い手企業に対して「どれだけ魅力のある会社(事業)か?」をアピールができるかが重要。そのためには、自社の負債や債務といったマイナス面と向き合う必要があります。

赤字企業の評価方法

赤字企業の場合、下記の2つの方法などを用いて企業の価値を算出していきます。

自社にどれだけの企業価値があるのか確認するには、会社売却の価格目安を算出すると良いでしょう。

自社の価値は?会社売却価格の算出方法をチェック

中小企業におすすめ 着手金0円のM&A仲介会社
  • インテグループ
    経営・販路の拡大

    さらなる企業の発展を
    目指すM&A

    最低報酬
    500万円(税別)

    まずは無料相談

  • 東京再生M&Aセンター
    借金可・赤字も補填

    資金繰りのループから
    脱却するM&A

    最低報酬
    30万円(税別)

    まずは無料相談