会社売却ナレッジ これがスマートなM&Aの進め方 » 中小企業のための会社売却・事業売却Q&A » どこに相談すればよいのか?

どこに相談すればよいのか?

中小企業の経営者で、事業承継をお考えの方に、具体的にどこに相談すべきかを解説します。

M&Aのカギを握るコンサルティング会社選び

事業承継でM&Aを活用する場合、最も大切なのは、パートナーとなるコンサルティング会社選びです。

昨今では中小、中堅企業を対象としたM&A仲介サービスを提供する会社が増えてきていますが、選定の際は以下のようなポイントを重視すべきです。

コンサルティング力

仲介会社の中には、単にM&Aの仲介のみを専門としている会社もありますが、それだけでは譲渡後の成長戦略を立てにくい、という問題があります。M&Aに伴う事業再生や、会社全般の経営を視野に入れてコンサルティングをしてくれるような仲介会社であれば、譲渡後の成長戦略を描きやすく、またこうした付加価値によって買い手が付きやすくなるというメリットも生まれます。

料金体系

M&Aを手掛ける業者の費用は千差万別です。そこで注目すべきは、着手金・月額費用の有無と、最低報酬額、そして料金の計算方式です。特に報酬の計算方式は、全体の費用に大きな差を生みます。譲渡企業の負債までを含めて計算する「移動総資産ベース」であればコストが非常に高くなり、逆に、負債を含めない「取引価格ベース」であれば、成功報酬を圧倒的に安くすることができます。自社にとってどのような形を選ぶのがメリットがあるのかは、きちんと考える必要があります。

得意な業界

M&Aに強いコンサルティング会社の中には、飲食業界や医療業界、IT業界など、ある特定の業界に特化した会社があります。こうしたコンサルティング会社のほうが、業界ならではの慣習や経営のポイント、市場の現状、社員や現場の状況などを含めて把握しているため、買い手の付きやすいM&Aの実現が期待できます。

M&A仲介会社と契約する際は、これらをよく見極め、自社・経営者の思い、自社の置かれた状況にマッチした会社を選ばなくてはいけません。以下のページでM&Aに関してのおすすめコンサルティング会社をピックアップしていますので、パートナー選びの参考にしていただければと思います。

選び方をもとに
M&Aコンサルティング会社を比較

コンサルティング会社以外のM&A仲介機関

M&Aの仲介は、コンサルティング会社以外でも対応しているところがあります。主なところを紹介しましょう。

メガバンク・大手証券会社

主に、上場会社や大手企業を対象としたM&Aに対応しています。

メガバンクは融資業務を専門としている関係上、売り手・買い手の両社がメインバンクとしているケースに限る傾向にあります。手数料は数千万円となることが一般的です。

また大手証券会社は、株式譲渡のM&Aが主流となっています。手数料は数千万円から数億円になることもあります。

地方銀行・信用金庫

地域に密着した地方銀行や信用金庫でも、近年は後継者不足による事業承継の相談などの増加に伴い、M&Aに注力しているところが増えています。

中には行員をコンサルティング会社に1年間出向させてM&Aの知識やノウハウを学ばせ、その上でM&A仲介に対応しているという銀行もあるようです。

会計事務所・税理士事務所

M&Aについて、相談に乗ってくれる会計事務所や税理士事務所もあります。お抱えの士業の方が対応してくれるのであれば相談しやすいでしょうし、信頼関係が構築されているので、安心して任せられるでしょう。ただし、専門はあくまでも会計・税務であり、地域も限定されるため、良い条件でマッチングできる可能性はそれほど高くないようです。

地域の事業引継ぎ支援センター

事業承継やM&Aについて、国が支援する公的な窓口です。主に中小企業や小規模事業者を対象としており、信用度の点では安心して、支援を受けられるでしょう。

事業引継ぎ支援センターは全国各地にありますが、M&Aに対応できるところは限られており、地域も限定されるため、東京など大都市部を除くとデメリットになることもあります。

中小企業におすすめ 着手金0円のM&A仲介会社
  • インテグループ
    経営・販路の拡大

    さらなる企業の発展を
    目指すM&A

    最低報酬
    500万円(税別)

    まずは無料相談

  • 東京再生M&Aセンター
    借金可・赤字も補填

    資金繰りのループから
    脱却するM&A

    最低報酬
    30万円(税別)

    まずは無料相談