会社売却を成功に導くベストパートナーガイド・HOME » 後継者問題を解決する会社売却Q&A » 会社売却の方法は?

会社売却の方法は?

このページでは、会社売却の具体的な方法についてまとめてみます。

会社売却の主流は、「株式譲渡」や「事業譲渡」

会社を売る一般的な方法としては、「株式譲渡」「事業譲渡」があります。

株式譲渡

売り手が株式を買い手に売却して 会社の「支配権」を譲渡します。事業譲渡よりも手続が容易で、オーナー経営者が個人で譲渡代金を現金で受け取ることができるといったメリットがあります。

事業譲渡

企業の事業自体を買い手企業へと譲渡します。複数の事業を行っている場合に特定の事業(資産・負債)のみを売却できるといったメリットがあります。

それぞれの特徴があり、細かい手続きも異なりますが、会社売却までの大まかな流れをまとめてみますので、ご確認ください。

会社売却が完了するまで

黒線

①売却方針の決定

会社の将来(事業計画、従業員の立場など)やオーナー経営者の将来(老後の資金計画、税務対策など)を考慮しながら、会社譲渡の方法や金額など、具体的な方向性を決める。

黒線

②M&A専門会社と契約

M&Aの実績・信頼、サービスのクオリティ、報酬形態などを検討し、M&Aを仲介してくれるコンサル会社と契約する。

黒線

③買収候補企業探し/条件交渉

仲介会社に売却希望条件を伝え、マッチした買取候補の紹介を受ける。また、譲渡価格や取引条件について協議したり、トップ同士の面談などを行う。

黒線

④基本合意

売却価格、譲渡形態、スケジュールなど、基本的な条件について合意に至った段階で、基本合意書を締結する。

黒線

⑤デューデリジェンス(買収監査/資産査定)

買い手企業が選任した公認会計士や弁護士によるデューデリジェンスを受けます。事業、財務、法務等に総合的な面から、企業価値が監査される。

黒線

⑥最終契約書の締結

デューデリジェンスの結果を元に、取引条件について最終的な調整を行い、譲渡に関する最終的な契約書を締結する。

黒線

⑦譲渡の実行

株式譲渡、資金決済などM&Aが実行に移される。買い手との合意に基づき一定期間(半年~1年程度)で、業務の引継ぎを行う。

黒線

株式譲渡にするか事業譲渡にするかによって、手続きや売却代金に対する課税額が異なってきます。実績の豊富なコンサル会社に相談すれば、自社のケースに最適なM&Aのスキームを提案してもらうことができます。

>>会社売却を検討するなら是非相談したい、M&Aおすすめコンサル会社をご紹介