会社売却ナレッジ これがスマートなM&Aの進め方 » 経営不振の経営者が見通しておくべき今後の対策

経営不振の経営者が見通しておくべき今後の対策

会社が経営不振に陥ることで、様々な事態が想定されます。そこで、経営者として見通しておくべき今後の対策をご紹介します。

債務超過で資金ショートした会社はこの後どうなる?

売り上げの低下、売掛金が回収できないなどの理由で支出が収入を上回ることで、運転資金が不足している状態を資金ショートといいます。では、資金ショートした会社はどうなってしまうのでしょうか。また、資金ショートが発覚した際の対策もまとめました。

債務超過で資金ショートした場合の対策

赤字でも潰れない会社とは?

日本の中小企業のおよそ七割が赤字ともいわれていますが、なぜ潰れないで存続できるのでしょうか。大きく三種類に分けられる赤字でも潰れない会社に見られる特徴について調べました。また、赤字から会社を立て直す方法についても紹介しています。

赤字で潰れない会社の法則とは

経営破綻による責任は経営陣が負うのか?

会社が経営破綻してしまった場合、必ずしも経営陣が負う必要はありませんが、一方で支払いの義務を負うケースもあります。そこで、理事や取締役が会社の負債を負担する必要がない理由と、責任を負うケースをまとめています。

経営破綻の責任の所在は

当面の運転資金を確保するには?

商品の仕入れや諸経費の支払いなど、会社を経営していくうえで必要な運転資金。その運転資金が確保できずに資金繰りが悪化してしまう主な原因や、運転資金の捻出方法をご紹介いたします。

運転資金の資金繰り方法

リース料が払えない場合の対応は?

パソコンや電話、複合機といった設備をリースしている会社も多いかと思いますが、経営が悪化してリース料が払えなくなるとどうなってしまうのか。その流れを詳しくまとめています。

リース料が払えない企業の対策

不渡り1回目を出してしまったら?

不渡りを出す=即倒産というイメージがありますが、資金不足によって1回目の不渡りを出してしまった場合、会社は本当に倒産に追い込まれてしまうのでしょうか。さらに、2回目の不渡りによって会社がどのような処分を受けるのかも調べています。

不渡り1回目に注意すべきこと

従業員の給料を払えない場合は?

経営悪化によって従業員の給料が支払えなくなった場合、経営者はどうなってしまうのでしょうか。また、その際に経営者が取るべき対応はどんなものなのでしょうか。訴訟問題にも発展しかねない、給料未払いについて調査しました。

経営者の個人資産はどうなるのか?

会社が経営難に陥ってしまうと、会社の資産とは別に社長の個人資産も処分の対象になってしまうのでしょうか。さらに、倒産というリスクに備えて、個人資産を守るにはどのような対処をすべきかについてもまとめています。

中小企業におすすめ 着手金0円のM&A仲介会社
  • インテグループ
    経営・販路の拡大

    さらなる企業の発展を
    目指すM&A

    最低報酬
    500万円(税別)

    まずは無料相談

  • 東京再生M&Aセンター
    借金可・赤字も補填

    資金繰りのループから
    脱却するM&A

    最低報酬
    30万円(税別)

    まずは無料相談