会社売却ナレッジ これがスマートなM&Aの進め方 » M&Aのスキームを比較 » 株式移転とは

株式移転とは

企業同士のスムーズな統合を図る目的で用いられる、株式移転のメリット・デメリットについてまとめています。

株式移転のメリット・デメリット

売り手企業にとっての株式移転

メリット

株式移転は買い手企業に株式を完全に譲渡する形になるので、事業合併と同じような効果を狙うことができます。また、完全に吸収されはするものの、売り手企業と買い手企業がそれぞれで独立することも可能。企業の中には完全に合併する前に株式移転を行うところもあるようです。どちらの法人も残った状態なので、経営方針ですれ違いが生じても持ち株会社からの離脱のみで新たに独立を目指せます。売り手側に多くのメリットがある手法であるといえるでしょう。

デメリット

この方法で完全に子会社化することを選んだ企業がもともと上場企業だった場合、単独の株式しかいない法人は上場を維持できません。これにより、売り手企業は上場廃止となってしまいます。上場企業の組織再編では、この点がデメリットになるでしょう。持株会社制に移行するフェーズで、事実上完全な親会社となった企業が以前に上場企業であった法人と同じであるとみなされても、別法人扱いになるので上場審査のやり直しも避けられません。

買い手企業にとっての株式移転

メリット

持株会社を設置する際、株式の譲渡を受けて対価を交付する企業側からすると、受け皿を用意するための資金が不要になることが大きなメリットといえます。ネームバリューのある大手の企業を子会社として傘下に収める場合でも、金銭での対価を交付する必要がありません。

デメリット

完全に子会社化する企業の株主から株式を強制的に吸い上げるフローが発生するため、手続きが複雑になります。持株会社制に移行してからの初年度は、配当原資をどのように確保するかが課題になってくるでしょう。

株式移転と他のスキームを比較すると?

株式交換と株式移転の違い

株式交換と株式移転は、どちらも完全な親会社の関係を作り出すための手続きとなります。大きな違いは、株式交換と株式移転のどちらかを行った場合に、親会社がどのような位置になるかということでしょう。株式交換では買い手企業が売り手企業の株式をすべて取得したうえで、完全な親会社と子会社の関係になる状態となります。対して、新規会社を設立して売り手、買い手企業どちらも完全子会社化するという形になるのが株式移転です。売り手企業と買い手企業の立場の違いが、株式交換と株式移転の違いとなります。

株式譲渡と株式移転の違い

株式譲渡は売り手企業の株式を買い手企業に引き渡すことで、企業が資金を調達するための方法の1つです。株主であるかどうかに関わらず、第三者に譲渡できます。株式移転は新設する企業の株式を譲り受けることで経営統合を図る方法です。株式譲渡は株式を引き渡すだけなので、手続きが容易に進みます。現在M&Aで最も多く利用されている方法といえるでしょう。株式移転は統合の際に組織同士の軋轢が起きにくく、スムーズな統合が図れるとして選択されることが多いようです。

新株引受とは

中小企業におすすめ 着手金0円のM&A仲介会社
  • インテグループ
    経営・販路の拡大

    さらなる企業の発展を
    目指すM&A

    最低報酬
    500万円(税別)

    まずは無料相談

  • 東京再生M&Aセンター
    借金可・赤字も補填

    資金繰りのループから
    脱却するM&A

    最低報酬
    30万円(税別)

    まずは無料相談