会社売却を成功に導くベストパートナーガイド・HOME » 経営者のための事業承継講座 » 会社譲渡なんでもQ&A

会社譲渡なんでもQ&A

事業継承や事業譲渡、株式譲渡について説明してきましたが、具体例も交えた細かい質問にお答えしていきます。

会社売却について残った疑問は、ここで解決!

線

Q.会社譲渡の手続きには、どれくらいの期間がかかりますか?

A.各社の事情によりますが、普通は最低でも6ヶ月から1年は必要です。これまでに培ってきた製品や技術の価値を、売り手と買い手がお互いにひとつひとつ確認しなくてはならないからです。ただし「資金繰り」「経営者の体調」といった理由から急ぐのであれば、早期に準備に着手する必要があります。

線

Q.どんな企業がM&Aの相手として適していますか?

A.次のようなスタンスの経営者、企業がM&Aを通じて、業績UPを遂げることに成功しています。

  • 「対象会社の事業が自社の企業戦略にマッチするか」を一番に考える
  • 売却するオーナー経営者や引き続いて働いてくれる役員・社員の心情を重要する
  • 明確な将来ビジョンを描いて、社員のモチベーションを高めている

線

Q.利益が出ていない会社でも、売却できますか?

A.譲りうける側の経営判断によっては、売却は成立します。

そうした際のキーワードのひとつとなるのが、「シナジー効果」です。たとえば、小売店・スーパーへの卸販売からより高い粗利益が期待できる小売販売への展開を考えた「うどん・そばの製造メーカー」が、最近の競合店との価格競争で利益が出ない状況にあったうどん・そば店舗をM&Aするといったケースがあります。

線

Q.従業員の雇用はどうなりますか?

A.M&Aでは、従業員が従来と変わらず業務に携わることが一般的です。なお、譲受る企業の規模が大きい場合には、福利厚生制度や休日休暇といった面で、雇用条件が良くなることも多々あります。

線