会社売却ナレッジ これがスマートなM&Aの進め方 » M&Aのスキームを比較 » 合併とは

合併とは

事業を伸ばすための手段の1つがM&Aです。ひと口にM&Aといっても、さまざまな種類があるため、その違いを知ることは大切。M&Aについてタイプ別に解説します。

合併の種類

合併

吸収合併によるM&Aとは

吸収合併は2つ以上の会社が合併することで、1つの会社を存続させるための方法です。

1つの会社に統合されるため、一方の会社が抱える資産や負債、権利、義務なども承継されることになります。

吸収合併によるM&Aが行なわれるケースとしては、事業規模が比較的小さく、子会社として存続させるメリットがない場合に用いられることが多くあります。

新設合併によるM&Aとは

吸収合併のM&Aと比較されることが多いのが、新設合併によるM&Aです。新設合併は合併する会社の事業を継承して、新しい会社を設立します。これまで存続していた会社は消滅することになるので、合併した会社同士に感情的なしこりが残りにくくなり、吸収合併よりも上手くいく可能性が高くなります

三角合併によるM&Aとは

三角合併は、おもに外国の企業が日本の企業を買収しやすくするために使われることが多い方法です。消滅する会社の親会社の株式を、対価として吸収する会社が取得できます。通常、株式を取得するには多額の資金が必要になりますが、三角合併の場合はその必要がありません。

こんな記事も読まれています

合併のメリット・デメリット

売り手企業にとっての合併

メリット

合併で一般的なのが、資金力の高い企業が、資金力の低い中小企業を買い取る形です。

売り手企業は買い手企業へ経営権を引き渡すことになるものの、「資金」という大きなメリットを得ることができます。また、負債を引き継いでもらえるのもメリットと言えるでしょう。また、売り手企業側の財産や従業員などを包括的に買い手企業へ承継することができるので、手続きが簡素に済む点も見逃せません。

デメリット

売り手企業にとって一番のデメリットとなり得るのが、元からいる従業員と新しいシステムの不一致です。買い手企業側が導入している制度やシステムを売り手企業側に浸透させる場合、現場で働いている人たちへの負荷が高まるのは避けられません。また、買い手企業が非上場である場合、売り手企業の株主が株式を現金化しにくいというデメリットがあります。

買い手企業にとっての合併

メリット

合併をすれば売り手企業の財産や権利、人材などが買い手企業側に承継されます。新規顧客の開拓、優秀な人材の確保、売り手企業がもっている知名度・ネットワーク・営業ルートを利用できるという点において、大きなメリットになるといえるでしょう。

また、合併の種類によっては、買い手企業側が売り手企業側の全株を取得する必要がないため、買収金額が少なくて済みます。

デメリット

買い手企業側のデメリットとしては、売り手側のデメリットと同じく、働く現場の人たちの混乱が挙げられます。事業が統合されることで生まれる新しい環境やシステムが浸透するまでには、少なからず時間がかかるでしょう。また、買い手企業側は売り手企業側の資産だけでなく、負債も承継することになります。資産や負債はある程度選んで引き継ぐことができますが、合併して蓋を開けてみたら負債だらけだった…という場合も少なくありません

中小企業におすすめ 着手金0円のM&A仲介会社
  • インテグループ
    経営・販路の拡大

    さらなる企業の発展を
    目指すM&A

    最低報酬
    500万円(税別)

    まずは無料相談

  • 東京再生M&Aセンター
    借金可・赤字も補填

    資金繰りのループから
    脱却するM&A

    最低報酬
    30万円(税別)

    まずは無料相談