M&A成功させるには

状況に合わせたM&Aを実現できるパートナーを選ぶ

M&Aという言葉の裏にあるのは、「成長戦略の一環」「手放さざるを得ない事情」など千差万別の想い。M&Aの成功には交渉スキルだけでなく、業績・事業規模にあったM&Aを仲介できるパートナー選びが欠かせません。不幸なM&Aを回避するには、最初の選択を見誤らないことです。

M&Aに踏み切るまでの懸念点

経営難の会社を売却する際には、「借金があっても本当に買い手がつくのか」「実際いくらで売れるのか」を、M&Aの実施前に知っておく必要があります。

中小企業に特化し手数料も安い 経営状況別に選ぶおすすめM&A仲介会社2選

中小企業・ベンチャー企業のM&Aなら、やはりその会社規模を専門とするM&A仲介会社に相談すべきです。ここでは、信頼できる仲介会社の中から、着手金0円でリーズナブルに依頼できる2社をピックアップしています。

  • 赤字経営なら
    東京再生M&Aセンター

    最低報酬30万円
    • M&Aの対応

      経営難な企業に寄り添ったリーズナブルな価格設定

      成功報酬はレーマン方式(移動総資産金額ベース)もしくは相談内容に応じたオーダーメイド型のオリジナル成功報酬が用意されており、資金繰りに困っている中小企業でも比較的安価で相談・依頼することが可能。着手金0円、最低報酬金額30万円など、リーズナブルな価格設定も魅力といえます。

      経営相談顧客を約20年で約3,000社を抱える実績

      東京再生M&Aセンターはグループ企業の経営により幅広い業界にネットワークを拡大してきました。多岐にわたるジャンルでの経営相談顧客を約20年で約3,000社抱えることで、売却希望の企業に対して、適切なM&Aマッチングを提案できます。中小企業の経営・資金繰りに精通した元銀行員がコンサルタントにつきます。

    • M&Aの売買事例

      資金繰りの悪化した
      クリニックが経営強化

      高額医療機器の導入の支払い負担により、資金繰りが悪化したクリニックがM&Aを決意。もともとの医療技術の高さはそのまま活かし、クリニックの弱点であった経営面の強化が見込める企業とマッチング。譲渡先企業によって、集客やスタッフ人材育成等の体制強化が行われたことで、院長は経営負担が減り、より医療に専念できるように。 結果、医療サービスの向上や治療メニューの拡大が可能となりました。

      倒産寸前の運送会社が
      事業を集約して回復

      従業員数2,000人を超える創業数十年の運送会社が、運賃の値下げや燃料の価格高騰などの煽りを受け、業績が悪化。オーナーの意向でM&Aを実施しました。配送センターなどの採算の合わない部門を設備ごと売却し、事業を集約。M&Aによって事業を見直し、売却益を経営再建に回したことで、2,000人の従業員を守りながら、倒産寸前の危機から経営の安定化に成功しました。

    会社売却・M&Aの
    相談窓口をチェック

    電話で問い合わせる

    ※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

  • 健全経営なら
    インテグループ

    最低報酬500万円
    • M&Aの特徴

      独自のネットワークと情報力でベストマッチを実現

      中堅・中小企業の更なる発展を目的としたM&Aを積極的に展開するインテグループ。上場企業や未上場の中堅企業、投資会社などからのM&Aニーズをいち早く聴取する情報力に加え、独立系企業による紹介によって、あらゆる案件に対してしがらみのない公平なマッチングを行なうことが可能です。

      着手金・中間金なしの完全成功報酬制

      一般的な成功報酬とは異なり、本当に成果が出た際にのみ支払いが発生する「完全成功報酬制」を採用。多くの実績を持つインテグループだからこそ実現可能な料金体系といえます。第三者機関による調査結果でも、完全成功報酬制のM&A仲介会社の「認知度」「相談したことがある会社」「相談したい会社」で一位に選ばれています。(2018年5月マクロミルによる調査:公式HP掲載情報)

    • M&Aの売買事例

      一ヶ月半という短期間で
      上場企業とのM&Aが成立

      広告代理店を介さずに上場企業など多くの企業と直接取引を行なうことで売り上げを伸ばしたweb制作会社が、異業種挑戦のために株式譲渡を決断。近接企業を中心に買収先を探したところ、その実績や取引先が高く評価され、面談から一ヶ月半という短期間で、更なる売り上げ拡大を目指す上場企業とのM&Aが成立しました。

      同業への投資を行なう
      投資会社への株式譲渡

      「手ぶら保育」というサービスで人気の小規模認可保育園を複数経営する会社を運営していましたが、経営者家族が海外に移住することになり、M&Aを相談。複数の候補企業の中から、すでに保育園運営会社に投資を行ない、ロールアップ(同業への追加買収)を検討していた投資会社への株式譲渡が決定。買収によるシナジー効果はもちろん、従業員の雇用の確保など、双方にとって好条件でのM&Aとなりました。

    会社売却・M&Aの
    相談窓口をチェック

    電話で問い合わせる

M&Aのプロセス

M&Aが完了するまでの流れを、7つのプロセスに分けて解説します。

  • STEP:

    売却方針の決定

    会社を売却する際は「会社をいくらで売るか」を決めるだけではなく、今後の事業計画や従業員の待遇といった譲渡後の会社の将来、そしてオーナー経営者の老後の資金計画や売却後の税務対策など、「売却した後」のことも考慮しなければなりません。そのため、売却金額はもちろん、株式譲渡・事業譲渡といった会社売却の方法など、まずは具体的な方向性を決める必要があります。

  • STEP:

    M&A専門会社と契約

    売り手側に少しでも有利な条件で交渉を進めるには、交渉術はもちろん、法務・税務といった専門知識も不可欠。そのため、譲渡先との交渉は、基本的にM&A仲介会社を介して行なうのがスムーズです。これまでのM&Aに関する実績や信頼性、着手金や最低報酬といった報酬形態、売却システムなどサービスの特徴などを吟味し、自社にとって最適な提案を行なってくれるパートナーを選びましょう。

  • STEP:

    買収候補企業探し/条件交渉

    M&A仲介会社により買収候補企業がリストアップされ、その中から譲渡先企業を選定し、条件交渉が行われます。その際、少しでも有利な条件で交渉を進めるためにも、売り手側として特に譲れない条件について決定する必要があります。交渉の過程において重視される「トップ会談」も含めて、条件を固める留意点を事前に確認しておくと良いでしょう。

  • STEP:

    基本合意契約

    売り手側・買い手側双方において重要な条件が定まった段階で、基本的に買収するという意思を表し、且つ今後の方向性や買収までに対応すべき点をまとめた「基本合意契約」が交わされることになります。基本合意契約の内容は、スケジュールや売買条件、独占交渉権の有無などある程度決まった項目があります。ただし基本合意契約の締結が、売買の確定にはならない旨は注意が必要です。

  • STEP:

    デューデリジェンス(買収監査/資産査定)

    買い手側は、買収によって経営権や事業だけでなく、売却された会社が保有する負債なども引き受けることになります。その際、万が一簿外債務など隠れていたリスクが発覚した場合、後々大きな損害を被ることになりかねません。そこで、売り手側は買い手側が選任した第三者機関によるデューデリジェンス(買収監査)を受けることになります。

  • STEP:

    最終契約書の締結

    デューデリジェンスの対応が完了すると、売り手・買い手による最終契約書(売買契約書)の締結となりますが、その契約内容には、M&Aを完了させる上で欠かせない内容が細部にわたって記載されています。複数ある項目のうち、売却する側が特におさえておくべきは「前提条件」「売り手の義務」「表明保証」「補償条項」。最終契約締結前に入念にチェックしましょう。

  • STEP:

    譲渡の実行・統合作業(PMI)

    売買契約が成立し、株式や代金の受け渡しが完了しても、それで会社売却が全て完了するわけではありません。二つの会社がうまく統合するためには、従業員やシステムを結びつける必要があり、その統合作業をPMIといいます。M&Aの完了には、このPMIをスムーズに行なうことが重要とされています。M&Aを成功させる最後の作業も、抜かりなく準備をしておきましょう。

M&Aのメリット・デメリット

  • メリット

    事業を潰さずに済む

    長年続けてきた会社を潰すことは、事業を立ち上げた想いや、従業員の雇用を考えると容易に決断できません。M&Aという選択肢は、会社を潰すことなく、その未来を優良企業に託すことができます。

    廃業コストがかからない

    会社を潰すためには、設備の処分費や税務処理を依頼する費用、従業員への補償など様々なコストがかかりますが、M&Aが成立すれば、廃業コストはほぼかからずに会社を手放すことができ、さらに事業の継承、従業員の雇用を守ることが可能となります。

    創業者は利益を得られる

    M&Aは廃業コストがかからないばかりでなく、創業者であれば事業の売却によっていわゆる「創業者利益」を得ることができ、次の一歩を踏み出すための資金や、引退後の生活費を確保することができるのです。

  • デメリット

    融合に時間がかかる

    二つ以上の会社が一つになるには、社風や企業文化の融合、さらに社内システムの統合が必要です。一般的には1年以上はかかるといわれており、各部門の担当者はもちろん、全ての従業員に通常業務以外の負担を強いることになります。

    従業員の雇用条件変更の可能性

    売買交渉の際、従業員の雇用についても当然話し合われますが、それでも統合後に雇用条件が変化する可能性はゼロではありません。また、企業風土の違いなどによって働くモチベーションが保てなくなり、離職するケースもあり得ます。

    取引先から反発を受けるリスク

    長年にわたって取引を行ってきた主要な顧客がある場合、M&Aの実施によってこれまでの契約条件が変わる、信頼していた担当者が変わるなどの理由で反発を受け、最悪の場合、契約打ち切りといったリスクも想定されます。

会社売却を選択する企業は多い

M&Aによって会社売却する最大のメリットは、これまで培ってきた技術やノウハウ、さらに従業員の雇用を守りつつ、倒産といった世間体を気にすることなく会社を手放すことができる点にあります。一方で様々なリスクも有しており、事前にリスクを回避するための準備が必要であることはいうまでもありません。M&Aによるメリットを最大限享受するためにも、信用できるM&A仲介会社を選ぶことが重要となります。

会社を売る経営者が
増えている理由とは?

経営不振の経営者が
見通しておくべき今後の対策

売上の減少・資金繰りの悪化などによって会社が経営不振に陥ると、様々な事態に直面します。そこで、経営者として知っておくべき経営不振に陥った際に起こるトラブルとその対策をまとめています。

債務超過で資金ショートした会社はこの後どうなる?

債務超過で資金ショートした会社は
この後どうなる?

債務超過=即倒産とはなりませんが、運転資金が不足し「資金ショート」の状態になってしまうと、倒産の危険性は一気に高まります。では、資金ショートを起こした会社はどうなってしまうのか、またどんな対応が求められるのでしょうか。

MORE

赤字でも潰れない会社とは?

赤字でも潰れない会社とは?

債務超過と同様、赤字=即倒産とはなりません。事実、日本の中小企業のおよそ七割が赤字ともいわれています。では、なぜ赤字でも会社は潰れずに存続できるのでしょうか。大きく三種類に分けられる赤字企業の特徴を調べました。

MORE

経営破綻による責任は経営陣が負うのか?

経営破綻による責任は
経営陣が負うのか?

会社の理事や取締役といったポストにいる方が知っておくべき、会社が経営破綻してしまった際に経営陣が負うべき責任について記載。法律上における取締役の財産の扱いや、どんな場合に責任を負わされるのかを詳しく説明しています。

MORE

当面の運転資金を確保するには?

当面の運転資金を
確保するには?

会社経営をしていく中で、仕入れや人件費の支払いに必要なお金が足りなくなることも十分起こり得ます。そこで、資金繰りが悪化してしまった際に実施すべき、運転資金を捻出する方法をご紹介しています。

MORE

リース料が払えない場合の対応は?

リース料が払えない場合の
対応は?

経営の悪化によって、パソコン・電話・複合機といった設備のリース料を払えずに滞納した場合、リース会社は即時回収に動くことになります。では、実際にどのような対応に出るのか、その流れをまとめています。

MORE

不渡り1回目を出してしまったら?

不渡り1回目を
出してしまったら?

「不渡り」は大きく三種類に分類され、さらに1回目と2回目では、その意味は全く異なってきます。そこで、1回目の不渡りを出した際にとるべき対応策、さらに2回目の不渡りを出してしまうとどうなるのかを調べています。

MORE

会社売却のQ&A

「赤字の会社でも売れるのか」「いくらくらいで売れるのか」「M&Aにはどんな方法があるのか」といった、会社売却を検討する上で思い当たる質問とその回答とまとめています。

M&A仲介会社一覧

  • 東京再生M&Aセンター

    M&A仲介はもちろん、事業再生のコンサルティングにも対応。M&A仲介は着手金無料、事業再生においては最大3,000万円の出資金を最短即日調達できるなど、資金不足に悩む経営者にとって相談しやすさが魅力です。

  • M&A Station

    4,000名以上もの経営者向けに新規案件情報を一斉配信し譲渡先を見つけるデジタルマッチングシステムを採用。税務・財務に精通したアドバイザーによる提案を受けられるのも、M&A Stationの強みです。

  • フォーバル
    事業承継

    中小・小規模企業に特化した事業承継M&Aサービスを提供するフォーバル事業承継。単なる「売る・買う」という観点ではなく、M&Aにこだわらないクライアントファーストの提案にこだわっています。

  • FPG

    FPGのサービスは、売り手が選定した企業との譲渡を進める「M&A仲介業務」と、専任アドバイザーが入札・相見積もりで選定された買い手側と交渉を行なう「M&Aエージェント業務」の二種類が用意されています。

  • バトンズ

    バトンズのM&A事業は、累計登録ユーザー数24,000人以上のWEBサイトを利用した事業承継マッチングサービスです。登録 ~譲渡契約までを自分で行なう場合、完全無料で利用することができます。

  • AIGATE

    サイトM&Aによって、売り手の企業価値を高めることができるAIGATE(アイガテ)。M&Aの仲介だけでなく、事業再生のコンサルティングも担うため、長期的スパンで事業成長を望む経営者におすすめの仲介会社です。

  • インターリンク

    経験豊富なM&Aのプロフェッショナル集団が、ディールメーカーとしてM&Aを創出・サポートしてくれるインターリンク。交渉中の軋轢発生防止、従業員の納得を得るためのコントローラーの役目を担います。

  • インテグループ

    中堅・中小企業のM&Aを専門としているインテグループ。他社が取り扱わないような売上の低迷した企業でも、対応が可能です。調剤薬局、保育園などは、経常利益1,000万円程度であれば売上が1億以下でもOK。

  • エクステンド

    コンサルティングとして、中小企業のM&Aをサポートするエクステンド。着手金・顧問料を採用しています。成功報酬のみを採用する仲介会社より、営業担当者が時間をかけて動いてくれるため、妥協なく交渉ができるでしょう。

  • M&Aアソシエイツ

    大手政府系金融機関出身のスタッフにより設立されたM&A仲介専門会社で、中立性を活かし買い手・売り手の両社にメリットのあるM&Aを行っています。着手金や月額手数料がなく、M&Aが成立までは手数料が発生しないスタイルです。

  • M&Aキャピタル
    パートナーズ

    中堅・中小企業を対象としたM&A仲介会社。銀行・証券会社・税理士事務所などとパイプがあり、数多くの譲渡先をスピーディーに紹介できるのが特徴です。また着手金・企業価値算定は無料となっています。

  • NIコンサルティング

    M&Aのアフターサポートまで対応するNIコンサルティング。事業の今後の成長を見据え、買収・合併という考えから、ネットワークと統合へパラダイムシフトしていきます。

  • カチタス

    M&Aの成立ではなく、成功を考えるのがカチタス。食品、医薬品、小売、外食、へルスケア、医療法人といった特定業界へ特化しているため、専門性の高いマッチングが可能です。

  • キャピタル・
    エヴォルヴァー

    アドバイサリーサービスM&Aをサポートしています。売り手・買い手を結ぶだけの仲介ではなく、売り手企業にとって最も利益を生む選択を提案するため、利益相反となることはありません。

  • グローウィン
    パートナーズ

    M&Aのサポートや上場支援業務など、場数を踏んだ公認会計士が中心となる集団です。財務・会計のプロフェッショナルなので、M&A立案はもちろん、細かな手続きも安心して任せられます。

  • ストライク

    インターネット上のM&Aマッチングを国内で最初に取り入れた企業です。会計事務所、M&Aブティックファーム、金融機関などのパイプからも、理想的な買い手企業を提案してくれます。

  • TOMAコンサルタンツグループ

    1890年から司法代書人として事業を開始し、長い歴史を持つTOMOコンサルタンツグループ。高度な知識と豊富な経験を兼ね備えた専門家が多く所属し、信頼できるノウハウを備えています。

  • 中小企業
    M&Aサポート

    中小企業M&Aサポートにおいて、成約数ではなく、成約率を追求しています。これまで積み上げてきたコンサルティングの経験やデータを活かし、M&Aのアドバイザーとして提案・交渉のサポートします。

  • 日本M&Aセンター

    M&A専門資格制度を運営している会社で、M&Aについて高度なノウハウを蓄積。また、地域の金融機関・会計事務所・税理士などネットワークを全国に張り巡らしており、圧倒的な情報量を提供してくれます。

  • 経営承継支援

    経営者の想いに寄り添ったM&Aサポートを行う経営承継支援。M&Aありきで考えず、親族承継や役員承継などあらゆる可能性を明確にして、プロのアドバイスを提供してくれます。

  • 山田ビジネス
    コンサルティング

    山田ビジネスコンサルティングには、会計士・税理士・弁護士・司法書士などが総勢1,000名以上所属。経営コンサルティングファームの強みを活かした、M&Aを提案してくれます。

M&Aの会社売却・
事業売却事例

  • サービス業 サービス業

    IT・web関連業界、人材派遣業界、教育・出版業界、不動産業界といった、サービス業に関するM&A売却事例をピックアップ。同じ業界同士の高いシナジー効果が期待できる成功事例ばかりです。

  • 卸業・小売業 卸業・小売業

    アパレル企業の事業継承、PCソフトの製造販売業者によるスポーツ用品販売事業の売却、地方調剤薬局の大手ドラッグストアへの売却など、卸業・小売業のM&A成功事例を集めました。

  • 製造業 製造業

    夫婦で営んでいたチーズ工房の事業譲渡、和食レストランチェーンによる和菓子屋の買収、配電盤メーカーの電気機器商社への売却など、製造業関連のM&A成功事例を多数調べました。

M&Aのスキームを比較

M&Aを検討する上で知っておきたい、株式譲渡、事業譲渡、新株発行、合併、株式交換・株式移転、株式分割といった各M&Aスキームについて、メリット・デメリット、他のスキームとの違いなどをまとめています。

「事業譲渡」と「業務移管」の
違いとは?

複数事業を行なっている会社が不採算事業を他社に売却する「事業譲渡」と、業務の管轄を他の部署や事業体へ渡す「業務移管」。それぞれの目的や用いられるケースを元に、その違いを考察しています。

会社売却をするなら押さえておきたい
事業譲渡と吸収分割の違い

会社で行なっている事業の一部または全部を第三者に譲渡する「事業譲渡」と、会社から一部の事業を分割して既存の会社に移す「吸収分割」について、それぞれの特徴やメリット・デメリットを調べています。

会社売却をするなら押さえておきたい
事業譲渡と吸収合併の違い

「事業譲渡」と「吸収合併」の違いについても調査しました。どういったケースで用いられるのか、さらにメリット・デメリットを挙げることで、両者の明確な違いが明らかになっています。

事業譲渡をする上で知っておくべき
地位承継とは?

買主・売主がそれぞれ持っている権利や義務の総体を「契約上の地位」といいますが、事業譲渡を行なう際、この契約上の地位の継承が必要になる場合があります。そこで、地位承継に関する注意点や、地位承継の例などをまとめました。

事業売却における特許等の
知的財産権の取り扱いについて

事業譲渡を行なう際の特許権の継承については、特許法において様々な規律が設けられています。そのため、M&Aを検討している方は、特許等の知的財産権の取り扱いや留意点についても、押さえておく必要があります。

事業承継の手続き面を
行政書士へ相談してみると

事業承継の中身についてはM&A仲介会社などが専門である一方、その手続きにおいては行政書士が専門といえます。そこで、スムーズな事業承継のために知っておきたい「行政書士の立場から見た事業承継」について解説しています。

経営者が考えなければならない
「事業承継」とは?

事業承継する際には、自社株や資金といった「資産」はもちろん、特許やノウハウ、顧客情報や経営理念といった「知的財産」など、様々なものを継承することになります。ここでは、「事業承継」の概要を深掘りしていきます。

会社分割とは

「会社分割」とは、会社が保有している事業に関する権利義務やその一部を他の会社に継承させることをいいます。会社分割における売り手側・買い手側双方のメリット・デメリットをまとめましたので、ぜひチェックしてください。

M&Aスキームの税務を比較

M&Aには様々なスキームが存在しますが、税務関係の手続きにもそれぞれ違いがあります。そこで、株式譲渡や事業譲渡といった代表的な5つのスキームに関して、課税対象や税率といった税務の概要をまとめています。

株式移転とは

「株式移転」とは、完全親子会社の関係に代表される、会社が発行済株式の全てを新しく設立する株式会社に取得させるM&A手法のこと。買い手側・売り手側双方のメリット・デメリットの他、株式移転との違いなども調べています。

株式交換とは

「株式交換」とは、親会社となる企業の自社株を対価として相手企業の株式と交換し、相手企業を完全子会社化するM&A手法です。そのメリット・デメリット、さらに株式移転や株式譲渡との違いについても考察しています。

合併とは

合併には「吸収合併」「新設合併」「三角合併」という3つの手法があり、それぞれ用いられる状況が異なります。ここでは、3種類それぞれの概要や、合併を行なうメリット・デメリットを売り手側・買い手側に分けて記載しています。

新株引受とは

売り手企業が発行した新株を買い手企業が引き受けることを「新株引受」といいます。売り手側・買い手側双方に大きなメリットがある一方で、株式の比率によってはデメリットを被る可能性がありますので、運用には注意が必要です。

事業譲渡・事業売却・事業承継の
メリット、デメリット

事業譲渡・事業売却・事業承継という3つのスキームについて、それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説。さらに事業売却の成功事例や、成功するための秘訣なども記載しています。

株式譲渡とは

「株式譲渡」とは、保有する対象企業の株式を他社へ譲渡することにより継承させるスキームで、中小企業のM&Aで多く用いられている手法といえます。その特徴について、メリット・デメリットを通してまとめています。

実業家の声を聞け
会社売却の成功法則を探る

M&Aはいまや会社規模の拡大や事業の多角化における有効な手段であり、日本でもM&Aによって自社を国内屈指の大企業へと成長させた例がいくつもあります。そのなかでも、成功者といわれる二人の実業家にスポットをあて、成功の秘訣を探ります。

この悩みにも実は
会社売却・事業売却が有効

この悩みにも実は会社売却・事業売却が有効

一般的に会社売却・事業売却は会社規模の拡大や事業の立て直しを目的として行われますが、それ以外の経営上の悩み・戦略に対して効果を発揮することがあります。そこで、どのような場面でM&Aが有効なのかをご紹介します。

この悩みにも実は会社売却・事業売却が有効
  • 会社や事業ではなく、使わなくなったwebサイトについても、買い取って収益化させるサービスがあり、専門のM&A仲介会社が存在します。そんな「サイトM&A」について詳しく調べました。

  • 日本の中小企業の多くが、後継者がいないために廃業に追い込まれています。そんな中、事業の継承相手として、親族や役員ではなく、M&Aによる第三社という選択肢が徐々に定着してきています。

当サイトについて
会社売却の目的は、事業を拡大させるため、後継者を探すため、倒産を回避するため…と様々あります。当サイト「会社売却ナレッジ」は、そんな多様な課題を抱える中小企業の経営者に向けてM&A情報をまとめています。