オーナー経営者の未来を切りひらく 会社売却・M&Aのベストパートナーをリサーチ


オーナー経営者の未来を切りひらく会社売却・M&Aのベストパートナーをリサーチ

中小企業のオーナー・経営者のために、会社売却、事業譲渡、株式譲渡に関する情報を集めました。(当サイトの管理人である私は元々M&Aの業界にいました)

「子どもが会社を継いでくれない」「次期社長候補が育っていない」といった、後継者問題に直面している創業者・経営者の方のご参考になれば幸いです。

自分が情熱と資金を注いで育ててきた会社の新しい出発のために、注目が高まっているM&A(企業の合併買収)という選択肢も本格的に検討してみてはいかがでしょうか。

確認しておきたい、会社売却のあれこれ

後継者問題を解決するため、会社売却やM&A に関心は持っていても、その具体的な手続きや実施後の対応をご存知の方は少ないのではないでしょうか。以下のQ&Aを通じて、会社売却の基本を押さえてください。

うちの会社は売れるのか?

中小企業で会社を売る方法として一般的になっているM&Aについて紹介します。売り手側を取り巻く事情、買い手側の意識の変化を知ることで、M&Aが増えている理由が分かります。

詳しく見る

いくらくらいで売れるのか?

公開していない会社の株式にどうして値段がつくのか?気になる会社の売却価格の算定方式を解説しています。

詳しく見る

会社売却の方法は?

会社売却の方法である株式譲渡・事業譲渡の特徴の説明と、会社の譲渡が実行されるまでの流れを紹介しています。

詳しく見る

どこに相談すればよいのか?

あなたに適したM&Aプランを提案し、相手候補をマッチングしてくれる、仲介コンサル会社を賢く活用すべきです。コンサル会社を選ぶコツも説明しています。

詳しく見る

自分の財産はどうなるのか

企業オーナーの個人財産に対するM&Aのメリットをまとめています。

詳しく見る

従業員・取引先への影響は?

経営者が最も心を砕く、従業員の立場や取引先への影響についてまとめています。雇用や取引契約の取り扱いについて、確認すべきことを紹介しています。

詳しく見る

成功事例から知るM&Aのメリットとデメリット

業界ごとに会社売却の成功事例がチェックできます。実際のM&Aはどんなものか、事例を通じて認識を広げご自身の判断に活かしていただければと思います。

成功事例から知るM&Aのメリットとデメリット

サービス業

IT、不動産、教育関連のM&A成功事例です。経営者が会社を売却するにいたった背景、譲渡完了後の様子など引退した経営者の近況もお伝えします。

事例を見る >>


卸売・小売業

アパレル、ドラッグストア、食品など商品の販売を行う業界の成功事例です。同業種ではなく異業種の企業が新たな経営資源を求めM&Aをしたケースを中心にとりあげました。

事例を見る >>


製造業・建設業

ものづくり関連の創業者・オーナー経営者の方が実施した会社売却の事例をレポート形式でご紹介しています。

事例を見る >>

後継者に悩む経営者におくる事業承継講座

会社売却で後継者問題を解決したい経営者なら知っておきたい「事業継承の基本」にフォーカスしたコンテンツです。株式譲渡、事業譲渡についても詳しく掘り下げています。

そもそも事業承継とは

あらためて「事業承継とは何か」を説明しています。親族承継、役員承継、M&A、それぞれの承継方法に伴って発生するメリット・デメリットについて整理しました。

詳しく見る

経営基盤を強化する事業譲渡

事業譲渡の仕組みやメリット・デメリットを解説しています。事業譲渡で会社を売却する手続きや会計的な処理、従業員の取り扱いがどうなるかを知ることができます。

詳しく見る

経営件を引き継ぎやすい株式譲渡

会社売却の手段として、多くのケースで株式譲渡が選ばれる理由とは何か。買い手側と売り手側、それぞれの立場からメリット・デメリットをまとめています。

詳しく見る

会社譲渡なんでもQ&A

「どんな相手がM&Aにふさわしいのか?」「利益が出てない会社が売れるのか?」「売却された会社の従業員はどうなるのか?」M&Aに関するリアルな疑問に回答しています。

詳しく見る

後継者問題も成長戦略も、ここに頼めば解決!

後継者問題も成長戦略も、ここに頼めば解決!

「中小企業でも、ふさわしい売却先をマッチングしてくれるのか?」「自社に負担のない、リーズナブルな料金で対応してくれるのか?」M&Aについて、いろいろな不安や悩みをお持ちかと思います。ここでは、強力な情報ネットワークと経験豊かなコンサルタントがサポートしてくれる評判の会社を、「信頼できる会社売買のプロ5選」として紹介。あなたの事業承継、会社売却を任せられるベストパートナーを見つけてください。

信頼できる会社売買のプロ5選

 

当サイトで紹介するコンサルタント一覧

日本経営承継支援

業界最安の完全成功報酬でM&Aを実現する。経験15年以上の担当者が親身に相談にのってくれると評判。

日本M&Aセンター

相談時に費用が発生するものの、豊富な実績を持つM&A仲介会社。勢いのある若手担当者が多数在席する。

ストライク

M&A情報を集積したWebサイト「SMART」をベースに、高い仲介力を発揮する。

NIコンサルティング

経営コンサルが主な事業だが、最近M&Aの仲介に参入してきた新興企業。

インテグループ

独立系のM&A専門会社として、インターネットでのマッチングを実施している。

カチタス

それぞれ50件以上の成約実績がある専門家4名によるM&Aサービス。

日本MAソリューション

豊富なネットワークを築いているが、現在は開店休業状態の模様。

インターリンク

あらゆる事態を想定し適切に行動することで、M&A成立を支援する。

山田ビジネスコンサルティング

小売店を中心としたM&Aの提案がメイン。成功報酬は最低3,000万円から。

M&Aアソシエイツ

政府系金融機関の出身者(1人)によって設立された、M&Aの仲介専門業者。

M&Aキャピタルパートナーズ

「創業者利潤の最大化」をモットーに友好的 M&Aを提案し続ける。

グローウィンパートナーズ

財務・会計の専門集団。M&A支援サービスはあまり実施していない模様。

会社売却を考える上で知っておきたい「売れる会社」とは?

売れる会社には共通している条件があります。それらを考慮して、投資する側は「この会社であればリスクを抑えて利益が得られる」と考えるのです。そう思ってもらえるような会社運営は大切であります。

■オーナーが信頼できる人物である

経営はオーナーと二人三脚で行うものです。そのため、オーナーの人柄や実績を見て、信頼できる人物であると判断できなければ、会社売却はうまくいきません。その場で取り繕っても粗は見えてしまいます。だからこそ、日ごろからオーナーとしての仕事を全うし、信頼を周りから得ることが大切です。

■事業基盤が安定している

事業の基盤が安定していれば、一定の売り上げを保てると判断されます。マーケット市場において、他社との競争にまけないほど顧客をもっており、地域との連携がとれていることも、重要な基盤の要素です。

■保有している顧客に魅力がある

買い手が会社に求めるのは、将来性です。将来性が見込める会社の多くは、買い手が魅力的だと思える顧客を確保しています。例えば、買い手が展開している事業と、折り合いの良いサービスを提供する取引先(顧客)がいれば、それだけで魅力的であると判断され、会社売却は成功に近づきます。

会社売却の事前準備

売却を行おうと、漠然に思っているだけでは会社売却は成功しません。事前に準備をし、無事に売却交渉が買い手と行えるようにしておく必要があります。

■明確なスケジュールを決める

会社売却や事業売却を、いつの時期に行うかを事前にしっかり決めておきましょう。売却する時期を設定しスケジュールを立てれば、どう行動していけばいいのか明確になり、売却に現実味が帯びてきます。メリハリを付けずに、ただ売却を待っているだけの状況は好ましくありません。

■業績整理をする

会社の評価は、利益を得ているのかどうかです。それを判断するには、業績を確認することが一番です。業績整理をしっかり行えば、次年度の売上収益の計画も立てられます。成長が見込める計画が立てられたのであれば、会社売却においてプラス要素となるでしょう。

■グレーな取引を整理し、解消する

ここで言うグレーな取引とは、反社会的な業者との取引や、その他法律や法令に反した取引を指しています。当然ながら、問題要素として買い手に判断された場合、その時点で会社売却は難しくなるでしょう。マイナス要素となるグレーな取引や問題があれば、早急に整理をし、解消する必要があります。

■売却における優先順位を明確にする

会社売却にはそれぞれ目的があるはずです。売却時に重視する条件の優先順位を明確にしましょう。ほとんどの場合、社員の雇用面や自分の資金面が優先になります。条件をあやふやにせず、明確に順位をつけ交渉に臨むことで、話がスムーズに進む可能性が高くなります。